ドラマ 国内ドラマ

新・必殺仕置人

投稿日:

新・必殺仕置人が視聴できる動画配信サービス比較

サービス名 無料期間 月額料金 プラン
U-NEXT 31日間 1,990円 定額見放題
TSUTAYA TV/DISCAS 30日間 2,417円 レンタル

新・必殺仕置人のドラマを無料で見る方法

動画配信サービスの一番お得な使い方としては、無料期間中に見たい作品を終わらせて解約してしまうという方法があります。

無料期間が長い動画配信サービスによっては、最大31日間料金がかからない所があるので余裕ももって視聴することができます。

無料期間中に解約・退会すれば料金は一切かかりません。

また、動画配信サービスによって月額料金や配信作品数、配信画質、ダウンロードの可否など違いがありますので、その違いもあわせて解説します。

U-NEXT

u-next

月額料金 1990円(PPVあり)
画質 HD・4K
作品数 120,000作品
ダウンロード機能
無料期間 31日間

邦画の作品数なら全動画配信サービス中トップクラス

U-NEXTは他の動画配信サービスと比べて価格が高く設定されていますが、他社と比較してもかなり優秀な作品数を誇っています。

邦画はもちろん、洋画、海外ドラマ、アニメも見飽きる事のないラインナップですので、ファミリーみんなが動画好きなら特におすすめです。

最新作品は1週間ほどのタイムラグがあることがネックになりますが、4K画質での視聴もできるのでバランスの取れたとても良い動画配信サービスです。

4人までの同時再生が可能

U-NEXTではアカウントを四人まで作成する事が可能で、4人同時の再生ができます。

家族でアニメ・映画・ドラマなどの違うジャンルの作品を視聴したい時などに別の端末を同時に使用したとしても、データの負荷で再生が遅い心配もありません。

キッズから中高生・大人向けのアニメ・映画・ドラマが数多く配信されているので動画配信サービスの中では一番ファミリー向けです。

また、補足として、動画再生を中断後も自動で途中から再生が始まるので「どこまで視聴したのかわからない」という心配もありません。

ダウンロードもできるので、4人がバラバラに視聴したい時にも便利な動画配信サービスです。

有名作品の数なら業界トップ

アカデミー賞などの著名な賞、往年の名作、話題の新作の数ならU-NEXTの作品数がダントツに多いです。

昔見た映画をもう一度見たい、気になる新作をチェックしたい、子供や家族で映画を楽しみたいという時にもとても便利な動画配信サービスです。

また、U-NEXTは他の動画配信サービスと比べて、サスペンス・超常現象・ホラーのジャンル配信作品が多いです。

見放題で「リング」「クロユリ団地」「仄暗い水の底から」などの評判良い作品を中心に人気作品を楽しめます。

 

 

新・必殺仕置人の動画配信状況一覧

新・必殺仕置人

エピソード一覧を見る

第1回 問答無用
鉄と再会した主水は自分の命が狙われていることを知る。そして、市郎太一味が主水に迫り、また主水が斬った盗賊の女房お兼も襲ってくる。頼み人は不正を見破られそうになった与力の筑波だった。


第2回 情愛無用
高利貸しの金のかたに捕った娘たちを売りとばしていた検校の道玄。念仏の鉄にその殺しが回ってきた。しかし、道玄は鋳掛け屋の巳代松の実兄。巳代松は兄を殺せないと悩むが道玄は弟の説得にも耳を貸さず…。


第3回 現金無用
旗本・沖田政勝が、寅の会の殺しの競り市にかけられた。玄達、念仏の鉄、大工風の伊三郎が競い、伊三郎に落札する。だが、伊三郎が手を下す前に、政勝は殺されていた。しかも死因は念仏の鉄の得意ワザ・背骨折り…。


第4回 暴徒無用
おていと正八が小遣い稼ぎにと見なりの良い百姓の懐から胴巻を巻き上げる。ところが胴巻には、大金十三両と虎宛の一通の封筒が入っていた。そして、中村主水ら仕置人グループは、影沢村へ向けて旅立つ。


第5回 王手無用
女流棋士・初津が旗本・兵庫に殺された。将棋に負けた腹いせだった。将棋にのめり込んだ兵庫は詰め将棋の奥義を見極めようと、将軍家将棋所の宗看を訪問。しかし、この宗看こそが兵庫殺しの頼み人だった。


第6回 偽善無用
廻船問屋・鳴海屋の手代・佐吉は律義者と評判だが、かんのん長屋に住むおちかは、仇のように悪人呼ばわりする。そんなおちかに主水が手を焼いているうちに、寅の会の殺しの競り市に一両で佐吉がかけられた…。


第7回 貸借無用
湯女の首を絞め、剃刃で肌を切り殺すという事件が続いて5回も起きた。下手人は、湯屋専門の出歯亀で変質者の羅漢寺一家の若親分・重吉だったが、羅漢寺政五郎は息子をかばうために主水の上役・村上と組んで…。


第8回 裏切無用
寅の会の殺しのセリに、怪しげな薬を売るかねみ屋と盗賊、闇の重元がかけられた。鉄がかねみ屋を競り落としたが、重元の競りになると、仕置人の1人が元締の虎に対して鉄球を投げつけて逃げ出す。


第9回 悪縁無用
深川の美人芸者・おりくが、無宿者の音吉に追われて、巳代松のところへ逃げ込んだ。音吉はおりくが自分の子供を産んで隠し子として育てているのを知り、これをネタに悪だくみ。おりくは寅の会に音吉殺しを頼む。


第10回 女房無用
裏稼業として阿片を女郎に使わせて荒稼ぎしている、香具師の総元締・惣五郎が寅の会の殺しのセリにかけられた。依頼人は運び屋を強要されていた船頭の政吉。また、主水の妻・りつが惣五郎らにさらわれ…。


第11回 助人無用
料理屋の下足番・鞍三は、若い女房・おこのとむつまじく暮らしていた。ところが、おこのが胸の病になり、鞍三はその治療代を手に入れるため、虎を訪ねて仕事をくれと頼む。鞍三は元仕置人だった…。


第12回 親切無用
塩味噌問屋の鳴門屋に「人夫の中に島帰りの手配人がいる」と忠告した主水。その直後、手配人が殺され、鳴門屋は打ち首、女房子供は島送りになった。主水は、寅の会で殺しのセリにかけられ、鉄が主水の命を狙う…。


第13回 休診無用
西洋医術の実験で亭主を殺されたと思い込むおしんは、蘭法医の玄庵を憎み、玄庵殺しを寅の会に頼んだ。巳代松は玄庵が憎まれるのはおかしいと事情をさぐる。そんな矢先、押し込み強盗の一味に主水が傷を負わせ…。


第14回 男狩無用
藩主・戸田釆女の下屋敷に連れ去られた大工の弥吉が帰らないと、女房が主水に泣きついた。一方、釆女の息女・小夜姫は、尼寺を訪れた帰り、鉄を見染めたが、寅の日に殺しのセリにかけられ、鉄が仕置きする羽目に。


第15回 密告無用
巳代松は仕事の現場を女郎のおくめに見られた。おくめは口止めの代わりに、人気役者・菊之丞を殺してほしいと巳代松に迫る。しかし、その後おくめは殺される。巳代松はその怨みを肩替わりすることに。


第16回 逆怨無用
鉄、巳代松、主水のところに脅迫状が届く。差出人は香具師の元締・相模屋の二代目島蔵と先代の弟の又七。過去に巳代松と鉄は先代を仕置にかけ、主水は又七を島送りにした。3人は島蔵を寅の会の仕置きにかける。


第17回 代役無用
正八の幼馴染みで、油問屋・甲州屋で手代をしている友吉が祝言をあげた。しかし、正八は友吉の様子にただならぬものを感じる。調べると、友吉の女房のおいとには、甲州屋の婿養子・宗兵衛の手が付いていた。


第18回 同情無用
北町奉行の同心・服部左内は、金欲しさから呉服問屋の女中・おようが、男のために店の金を盗んだのをタネにおようをゆすり、男も殺した。主水はやりきれずにいると、左内が寅の会の殺しのセリにかけられる。


第19回 元締無用
仕置屋稼業を辞めたい、とさそりの弥八は寅の会で元締の虎に頼み、了承された。一人娘のおしんに良縁がきたので幸せにさせてやりたいと思ってのことだ。一方、虎を元締の座から追い出そうとする猫の勘兵衛は…。


第20回 善意無用
材木問屋・木曽屋の木場人足に雇われた清吉に思いを寄せる町年寄り喜多村勘右衛門の一人娘のお加代。木曽屋善兵衛は伜の徳之助とお加代の縁談を仕組む。しかし、断られると徳之助が逆上し、勘右衛門を殺す。


第21回 質草無用
巳代松のところに、目の鋭い少女が居ついた。弟を抱えて土間で眠り、昼間は近所で食べ物をかすめ盗る。巳代松はおねこと名付け、心を解きほぐそうとする。そんな矢先、鉄は岡場所で姉弟の母親らしい女郎に会う。


第22回 奸計無用
伊豆金山の職人頭・為吉の娘・おきみは、油問屋・松崎屋の主人である徳兵衛と金山支配組頭の黒井がニセ金を造っているのを目撃。一方、鉄は金山総支配の笹川伊織殺しを寅の会でセリ落とすが、受け取った金は…。


第23回 訴訟無用
ろうそく問屋・有明屋のお内儀・おみよは盗みのクセがあった。婿の仙蔵は、父親の善兵衛がやっかいなおみよを自分に押しつけ、身代をおみよの弟の与吉に譲るつもりだと思い、与吉殺しを公事師の長十郎に頼んだ。


第24回 誘拐無用
畳表問屋の備後屋は、妾を囲っていることをネタにチンピラの喜三次たちにゆすられた。これを受けて備後屋は喜三次らを利用して、女房のお蝶とその連れ子である正平を殺させようと計画するが…。


第25回 濡衣無用
記憶喪失の若い娘が巳代松の家に現れた庚申の月の夜、札差し一家二十人殺しのおたずね者・庚申の月三も江戸に帰還。月三は、自分に無実の罪をきせた女房・お秋と与力・平田の仕置きを頼むために戻ってきたのだが…。


第26回 抜穴無用
狂歌師・月峰は自分の屋敷に抜け穴を作り、逃げ込んできた人間をその穴から逃がしては金を巻き上げていた。そして、月峰の側用人・尾関一心は、大工の清次を屋敷に入り込ませておいて「曲者」と切り捨てる。


第27回 約束無用
巳代松が佐渡にいた時、小屋頭だった仙三が江戸に帰ってきた。ところがその仙三が寅の会の殺しのセリ市にかけられる。困惑する巳代松は、自分が島にいた頃、仙三に命を助けられたと思い込んでいたのだが…。


第28回 妖刀無用
刀剣狂の旗本・三田村妥女に試し切りを頼まれた首切り人の左母次郎。相手は村瀬という武士。妥女はそりの合わない村瀬に絵皿を割ったと濡れ衣をきせたのだ。村瀬の妻・登勢は、義弟とともに左母次郎を仇と狙う。


第29回 良縁無用
呉服問屋・唐津屋の一人娘お京は幼い5歳の弟・弥市と父親の面倒をみ、縁談には耳を傾けない。実は、お京は弥市に手習を教える旗本の次男坊・弥一郎と深い仲だった。そのお京が寅の会の殺しのセリにかけられ…。


第30回 夢想無用
舟宿で高利貸しの宗兵衛らが毒を盛って殺され、犯人の板前・仁吉が寅の会の殺しのセリ市にかけられた。一方、その舟宿の下働き・お民といい仲だった正八は、お民が身ごもったと知って慌てるが…。


第31回 牢獄無用
囚人たちが牢で病弱の奉行を人質にたてこもった。巳代松は牢に潜り込み、仕置きの相手・船頭かしらの常神の十郎太を見張り、囚人をたきつけたのは十郎太だと知る。この一件は、役人と商人が裏で糸を引いていた。


第32回 阿呆無用
阿波の徳島から江戸に出てきたおみつは、主水やおていの良からぬ行動を見ては金をせびる。実はおみつは、抜荷の罪をきせられて死んだ義理の父親・利助と母親の怨みを晴らす仕置きの頼み料を欲しがっていた。


第33回 幽霊無用
船蔵に収まったままの将軍家御座船に幽霊が出るというウワサがあり、主水に探索役が回ってきた。お船蔵番・宇津木和市の娘婿・伊之助に一両を握らされるが、不審に感じた主水は珍しくつき返す。


第34回 軍配無用
人気者の関脇・綱錦と刀の岩。両力士は大関の座をかけた大一番に挑み、立行司・日下清風の軍配は綱錦に上がった。しかし、旗本の飯塚典馬が物言いをつける。清風は軍配を守るためその場で切腹した。


第35回 宣伝無用
輪島塗りの商いで娘のおゆみと江戸にやってきた平蔵は、勘当中の義理の兄・宇之吉に会った。しかし、宇之吉は輪島塗りの利権を手に入れようと平蔵を殺し、輪島に向かう。残されたおゆみを不びんに思った鉄は…。


第36回 自害無用
仕置人探索の命を受けた与力の福原は、自分の邸で働く粂次を騙し、妻の志乃に不義を働くようしむけ、粂次を殺した。粂次の姉のお糸は、同じ長屋に住む鉄に、弟の怨みを晴らすために仕置人に頼んでくれと相談する。


第37回 生命無用
島帰りの銀造は、質屋・大黒屋の手先となっている伜の銀平を戒めるため、自分の腕を叩き切った。銀平は改心するが大黒屋一味に殺される。残された銀造は、自分の命と引きかえに虎に仕置きを依頼した。


第38回 迷信無用
材木問屋・檜屋の娘・おもんの亭主は2人とも事故で死んだ。そのすべては死んだおもんの父親の後添いのおかつと番頭の久蔵の仕業だ。おかつらはおもんを死なせ、身代を自分らのものにしようと画策する。


第39回 流行無用
江戸で飾り職人・藤五郎の細工物が人気となる。その藤五郎の二代目の跡目を清太郎が継ぐ。藤五郎の娘・おくみと恋仲で清太郎の兄弟弟子の定吉はこれに驚いた。一方、同じ弟子の宇之助は、清太郎を殺して…。


第40回 愛情無用
仕置人のお徳が仲間の長次一味に殺されるのを正八が目撃。殺されたお徳の男は、寅の会の仕置人の見張り役・死神だ。一方、死神に仲間を殺された長次らは、このネタで虎から金を巻き上げようと画策する。


第41回 解散無用
寅の会の一員・辰蔵は同心の諸岡と組んで、虎に替わり辰の会を作ろうとする。それには仕置人全員の名前を掴みたい。捕まった巳代松は拷問され、虎は殺される。鉄も右手を焼かれてしまう。残るは中村主水だ。

 

2018年!動画配信サイト人気ランキング

-ドラマ, 国内ドラマ

Copyright© 動画配信サービス比較情報|おすすめランキング , 2019 All Rights Reserved.